スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIY-ポスト作成 

門扉のDIYのついでにポストも作りました。
門柱の大きさに合わせて300X300四方で作成しました。高さは250です。
ベニヤ板を支柱にボンドで貼り合わせて形を作っていきます。
post001.jpg
ベニヤ板だと雨水に耐えられそうもないので
養成用のプラシートを上から貼りました。
枠にアルミ板で縁取りしました。
取り出し口は裏にしました。
post002.jpg
途中細かい修正を加え完成です。
釘は極力使わずボンド付けにしました。(一部見えない部分は釘を使用)
費用
ベニア板  1000円
ボンド    250円 
木材     850円
養成シート  500円
丁番     300円
取っ手    150円
アルミ板   500円
ペンキ    500円   /合計4050円
post004.jpg
post005.jpg
post006.jpg
大きさを門柱の幅に合わせて作りましたが
新聞が入り口に部分に出てしまいあまり使い勝手が良くない出来です。
あと5cmづつ大きくしたら完璧のできでした。
次は350x350の大きさで挑戦したいと思います。
スポンサーサイト

DIY-門扉・門柱 

いよいよ暖かい季節が近づいて参りました。
この冬の間、2010年DIYの構想を色々考えておりました。
築35年の実家の門柱と門扉をDIYで挑戦したいと思います。
初めは以前にブロック塀の上に張ったタイルを上から
張り直す構想でしたが門扉もヒンジが壊れてしまい交換したいとの事で
ネットで色々調べましたがなかなか安くてかっこいいのが無く
以前車のエアロに挑戦した時のことを思いだし
FRPで自作に挑戦しようと作業に取りかかりました。
FRPの場合原型-雌型-製品と3段階で仕上げていきます。
まずは原型となるデザインを仕上げました。
素材は木材と平面にはMDFボードに中川ケミカルのカッティングシートです。
これが今回の門柱と門扉です。
buroxtuku501.jpg
FRP型作り開始です。
mon001.jpg
門扉のサイズは片方が600X1000の両開きドアです。
600X1000のサイズで原型を作ることにしました。
MDFボードと中川ケミカルのカッティングシートです。
mon002.jpg
サイズを調整しながら仕上げて行きます。
mon003.jpg
カッティングシートが沢山あるので木材の部分を全部隠しました。
離型処理がうまくいくことを期待します。
フランジ部分をつけて完成です。
mon004.jpg
mon005_20100221171247.jpg
この型にFRPで雌型を作りその型を2つ作りフランジ部分で融合して扉半分のそのまた半分の
部分を仕上げて行く計画です。
つまり原型から雌型を2つ作りそれを融合して製品を4つ作りそれを融合して仕上げることにしました。
mon006.jpg

表札パート2-パート3 

今年のDIYは、以前張った門柱のタイルを
タイルオンタイルで綺麗にしたいと思います。
ついでにポストと門柱を新しくしたいと考えております。
ポストも色々探しましたが希望通りのものが無く
自作する事にしました。
門柱もなかなか高価なもので色々探しましたが
これもFRPで自作してみようと考えております。
とりあえず表札をまた新しく作ってみました。
100円ショップの写真入れです。
name001.jpg
裏側が紙製で表札として屋外使用の為POPシートを貼り付けます。
name002.jpg
name003.jpg
name004.jpg
写真が入るところに表札用の文字を印刷してパート1の出来上がりです。
name005.jpg
せっかく門柱タイルと門扉が新しくなるのだから
もう少し高級感を出したくケヤキの木製表札も作りました。
表札用のケヤキ材です。
name006.jpg
文字をパソコンで印刷してカットして貼り付け
周りを彫刻刀で円取りしていきます。
name007.jpg
アクリル絵の具で文字を黒く塗って出来上がりです。
name008.jpg

最後にニスを塗って仕上げれば高級感出ると思うのですが?
ニスかけしました。
新しい門柱にどちらかが付くと思います。
name009.jpg
name010.jpg

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。