スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地デジワンセグチュ^ナー取り付け 

久々のエアトレックのDIYです。
今回は、カーナビに地デジ対応のワンセグチューナーを取り付けます。
スーパーオートバックスで安売りしていたので衝動買いしてしまいました。
もちろん取り付けはDIYです。取り付け工賃、8400円の節約です。
これか今回購入のワンセグチューナーです。
メーカーは、日立モバイル【HTX-D1】でした。
地デジ001

定価は、35910円です。今回は、12800円で購入しました。
地デジ002

中身はこんな感じ
地デジ003

早速、取り付け開始です。
まず、カーナビのカバーをはずしチューナー本体の映像端子・オーディオ端子に接続
電源をオーディオのACCの空きに接続、リモコン受信センサーを本体に接続
アンテナケーブルを接続・後は、フィルムアンテナをフロントガラスに貼り付けるだけです。
今回は、助手席側に貼り付けました。あまり目立ちません。
地デジ006

配線は、ピラーカバをはずし助手席ドアーのカバーをはずし座席の下に本体を
起きました。ナビからの配線も同様に持ってきました。
ピラーをはずしたところです。
地デジ005

ここまでは順調、配線の引き回しも決まりテストの為スイッチオン
説明書によるとこの時点でテレビ局の電波を呼び込み画面になるはず。
しかし何事も起こらない。ACC電源に電気が来ていないのか?
アンテナの接続が違っているのか?本体とナビの配線違いか?
リモコンの電池がないのか?等色々悩みました。
悩むことまる1日、原因がわかりました。ナビのAV設定でVTRがOFFになっていただけ。
ONにして待望の画面が出てきました。感動の一瞬です。
地デジ004

これでやっと我がナビも地デジ対応となりました。
配線は、ほぼ説明書通りの配線が出来ました。
配線図と配線の引き回しです。
地デジ007

地デジ008
スポンサーサイト

DIY-エアトレックFRPグリル作成 

フロントリップ作成も、もう1年以上経過してしまいました。
まだまだ少々かかりそうなのでグリルの作成をすることにしました。
まず型を作成します。今回は、発泡ウレタンに挑戦です。
いつものごとくグリルを塗装用マスキングテープで養成します。
20070508230201.jpg

これが今回使用の発泡ウレタンスプレーです。
20070508230310.jpg

発泡ウレタンを吹いた所です。
グリルを付けたままで吹いたのでだんだん下の方へ垂れてきました。
このままでは、ボデーに垂れるような気がして
とっさに、ビニールをかぶせました。
しかしこれが大失敗。ビニールごと固まってしまいました。
20070508230722.jpg

フロントリップをグレーの安物のラッカースプレーで仮塗装しました。
しかし、何となくしっくり来ないので修正を検討中です。
これをマスター型にしてもう一度FRPで作り直した方が早いかも?
仮付けの画像アップしました。正面から
20070508231430.jpg

左横から
20070508231722.jpg

右横から
20070508231758.jpg

DIY-エアトレックON・OFFスイッチ 

フロントリップに埋め込むデイライトのON・OFFスイッチを
室内の空きスペースに埋め込みました。
裏側からの作業となりますのでカバーをはずしました。
20070211021336.jpg

目的の、空きソケットを裏側から手を入れてはずしました。
かなり頑丈にはまっています。無理かと思いましたが
いじっている内に突然はずれました。
20070211021755.jpg

空いたスペースにエーモン社製のON・OFFスイッチをはめ込みます。
少々サイズが違うようで枠を削り押し込みました。
もう後戻りできません。何とか綺麗にセットできました。
配線を接続して完了です。まだデイライトを付けていませんが、
配線作業は完了です。
20070211022257.jpg

DIY-エアトレックブースト計取り付け 

YaHooのオークションストアーで
オートゲージ製のブースト計を購入しました。
本当はDefiのブースト計が欲しかったのですが?
DIYで取り付けるため失敗しても後悔しないため
低価格のブースト計を探していました。
オートゲージのブースト計は、低価格でありながら
電気式でオープニングセレモニー付の所が気に入りました。
ホースの取り回しも機械式に比べて簡単そうです。
しかし説明書が英語で少し不安になりました。
内容は、メーター本体・取り付けステー・両面テープ
センサー・ホース・三又ソケット・濾過器・メーターフード
配線・説明書(英語)です。
20070203220800.jpg

とりあえず室内配線だけやってみました。
取り付け位置はフロントの右にしました。
配線のため右のピラーカバーと横にカバーをはずしました。
内装はがしで簡単にはがせます。
20070203220926.jpg

20070203221421.jpg

配線は、ACC電源・イルミ電源・アース・センサーとの接続線です。
ACCは、シガライターの配線をカプラーで分岐しました。
イルミ電源は、オーディオの配線から取ることにしました。
メターからの配線だけでは足りず延長しました。
オーディオのパネルをパネルはがしではがし中の配線を引き出します。
すると、一番手前にイルミと書いた空き配線がありました。(黄印)
テスターで確かにイルミ電源であることを確認して
ここに繋ぐことにしました。
20070203221527.jpg

20070203222538.jpg

延長配線と接続しました。
20070203222719.jpg

メターからのイルミ配線に接続しました。
ついでになんちゃってピラーメータの配線も
イルミ連動に接続しました。
20070203222812.jpg

オーディオのパネルを元に戻します。
20070203222920.jpg

アースを適当なところへ接続してエンジンを始動
オープニングセレモニーも問題なし。
20070203223020.jpg

昼間の画像で解りづらいですがスモール点灯で減光して
なんちゃってピラーメータのLEDが点灯しました。
今日はここまで、次回は、ホースの接続をしてみます。
20070203223051.jpg

2007/2/9
今回は、いよいよブースト計の接続編です。
前回までは、室内配線とメーター本体の取り付けまで行きましたので
ホースの取り付けと動作確認をしていきます。
とりあえず三又ホースをかませる所は、インタークーらカバーの
下にありますので、カバーをはずしていきます。
黄色の丸印の部分のホースをはずしカバーのネジを4つはずせばとれる予定です。
20070211012956.jpg

①のホースをバルブをゆるめて取り外しました。
なかなかはずれませんが、根気よく少しずつゆるめていきます。
20070211013225.jpg

次に、②のホースをはずします。これもなかなかはずれません。
何か専用の工具があるのでしょうか?
あきらめて次のホースをはずしてみます。
20070211014350.jpg

③・④のホースもなかなかはずれません。根気よく左右に
ずらしながらやっととれました。
この時点で、中のホースが見えてきたので②のホースは、
はずさずに作業を進めました。
これが、三又をかませるホースです。2本ありますが太い方です。
20070211014144.jpg

一気に気合いを入れてカットします。
20070211014946.jpg

三又ソケットを割り込ませて完了です。
20070211015104.jpg

センサーをステーを使って取り付け、インタークーラのカバーを
戻しセンサーと室内配線を接続して完了です。
エンジンをかけて動作確認、負圧を示しています。
アクセルを踏み込むと小刻みに動きようになりました。
20070211015605.jpg

20070211015428.jpg

FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
↓ポチッと、お願い。

DIY-エアトレックFRPアイライン作成 

FRPの樹脂が少々余っていたので
フロントリップの塗装に合わせてアイラインも作ってみました。
まずボンネットを開けてライトをマスキングします。
樹脂が乗っかる部分は少々広めにマスキングテープを3重にしました。
その回りは、塗装用のビニールでマスキングしました。
20070203214050.jpg

樹脂を3層塗り込んだところです。
20070203214124.jpg

左側も同じように塗り込みました。
20070203214216.jpg

マジックで型を取りました。左右対象になるように
大体のデザインが決まったら上から透明のクリアファイルで
型を取り逆さまにして左側に型どりしました。
20070203214324.jpg

固まってきたらはがして余分なところをカットして
大体の形にしました。
20070203214642.jpg

形が決まったら表面を研磨してパテ盛りをしました。
20070203214821.jpg

もう1回パテ盛りして研磨して行きます。結構しんどいです。
20070211020836.jpg

パテ盛り・研磨の繰り返し作業で塗装してみました。
塗料は、沢山あるのでフラサフを吹かずにいきなり塗装です。
塗装してみるとやはり細かい気泡が沢山あります。
再びパテ盛り研磨のやり直しです。
20070407213120.jpg

何とか完成しました。
20070407213227.jpg

20070407213300.jpg

全体的にこんな感じです。
近くで見ると少し気泡がありますが?
個人的には、満足の出来です。
20070407213321.jpg

いよいよ、気候も暖かくなりフロントリップの塗装に
入りたいと思います。
この冬の強風に耐えることが出来ず壊れてしまった
塗装台を作り直しました。
20070407213801.jpg

DIY-フロントリップ 

久々に時間が出来たのでフロントリップ作成の続きです。
前回までは、フランジ部分の作成まで行きました。
今回は、フランジ部分をパテ盛りしては磨きの繰り返しです。
何とか形になってきたので、仕上げにゲルコートが余っていたので
塗り込みまでしました。後は、取り付けと塗装に入ります。
あまり変わっていないように見えますが?
かなり改良されています。
全体横から

DIY543.jpg

前から
DIY504.jpg

アップ画像-フランジ部分もうまくいきました。
DIY505.jpg

DIY FRP フロントリップ フィッティング編 

久々に自分の時間が出来ましたのでフロントリップの
作成の続きをしてまいりました。
前回までは、塗装前の現車合わせのフィッティングが
イマイチうまくいかなくて止まってしまいました。
やはり作成前にフィッティングは隙間ゴムか何かで
ごまかせばいいと言う安易な考えが・・この始末です。
どうしようかといろいろ考えた末
やはりフランジを作成して現車にぴったり合うように
することにしました。
本当は、今のこの型を原型にしてFRPで作り直した方が
早いのですが?がらくたが沢山増えると周りに人に
迷惑がかかるし、今更作り直すのも・・・・?
と言うことで地道に作業開始です。
まず現車にマスキングして仮合わせをしました。
赤丸の部分が隙間が空いていて気に入らない部分です。

DIY105.jpg

DIY101.jpg

DIY102.jpg

早速、現車にぴったり合うように裏にFRPで作成して
フロントリップに融合してみることにしました。
仮合わせをいったんはずしてマスキングテープの上から
離型用ワックスを塗り込みます。

DIY106.jpg

FRPの塗り込み作業の前にボデーに樹脂がつかぬよう
マスキングをしました。

DIY103.jpg

次にFRPの作成に入ります。
まずガラス繊維を適当な大きさにカットしておきます。
樹脂が固まらないうちに張らないといけないので
出来るだけ小さめにカットしておいた方がやりやすいです。

DIY107.jpg

樹脂とアセトン硬化剤、刷毛を用意しておきます。
樹脂に硬化剤を混ぜてガラスマットに塗り込んでいきます。

DIY108.jpg

固まったらはがしてフロントリップと融合しました。写真取り忘れ
融合には強力接着剤を使いました。
接着面の隙間をセメダインのコーキング剤で埋めました。

DIY109.jpg


DIY110.jpg

このコーキング剤は弾力性があるのでボデーにふれる
内側の部分にも均等に塗り込みました。

DIY111.jpg

最後にコーキングの上からパテ盛りしました。

DIY112.jpg

今回は、ここまでです。次回は、このパテ盛りした部分を
磨いて、ラインを出していきたいと思うます。
それにしてもこの時点でこの上にFRPで固めて型を作り
再びFRPを塗り込んでいけば綺麗に行くことは解っているのですが?
もうこれ以上予算が無い?・・・トホホ


FRPフロントリップ-プロからのアドバイス 

エアトレックのフロントリップ作成もいよいよ
最終の塗装・取り付け工程に入ってまいりましたが?
休みの日にいろいろと用事が出来てなかなか先に進みません。
実家の方へ他の用事がありましたので行ったついでに
少々作業をしてきました。
作業と言ってもパテ盛りしてただ磨くだけの繰り返しです。
しかし細かい傷が沢山ありなかなか綺麗に行きません。
汗を流してひたすら磨いていると・・・
誰か人の気配がしました。
ちょうど実家の斜め前が板金・塗装屋さんでそこのオーナーが
仕事が一段落してブラブラしているところでお目にとまったようです。
ラッキーと思いました。
「フロントリップを見せて・・・こんなの作りました。」と私・・・。
「にやり」とオーナー。オーナーは無口な人です。
「なかなかうまくいかなくて?」と私。
オーナーは無言のまま私の作りかけのフロントリップを見始めた。
「完全オリジナルだね・・・」とポツリ。
それからオーナーにコーヒーを振る舞い
いろいろ話が進みました。
塗装や取り付け方法の細かいアドバイスを頂き自信となりました。
これからアドバイス通りにこつこつやっていきます。
どんなアドバイスを受けたかは・・・・?
完成してからのお楽しみです。
それにしても不安に思っていたことをアドバイスして頂き
本当に助かりました。

エアトレックフロントリップ-塗装編NO2 

2週間ぶりに時間が出来たのでまたまた
大宮まで行ってきました。
前回までは、何とか塗装してクリアーまで吹きましたが?
なんと2週間ぶりに行ってみたところ
やはり塗装がムラムラでこれでは駄目
本塗装をする前の、下地作りに問題があったみたいで
本塗装で使用した塗料は、同じメーカーのフラサフを使用しないと
ムラムラになってしまうと注意書きを見落としていました。
塗装のやり直しを決断!!

20060718231041.jpg


そこで急遽専用のフラサフを発注して吹き直しました。
細かい部分をパテ盛りして修正の繰り返しです。
パテは手で磨いているので大変疲れます。
しかし、今週は天気がいまいちで雨がちらほら・・・
作業は、次回へと持ち越しです。

20060718231138.jpg


塗料があまりそうなのでグリル塗装してみました。
上が塗装前・下が同色塗装後

20060718231417.jpg

20060718231225.jpg

エアトレックフロントリップ-塗装編 

いよいよ塗装に入ります。
塗装にはいる前に簡単な塗装台を余った木で作りました。
20060702155150.jpg

塗料もそろえました。
ネットでぺいんとわーくすサンと言うところで
480ml入のスプレー缶を2本と2液クリアーを注文いたしました。
料金は、ソフト99のMYボディーペンが300mlで2100円でしたが
480mlで1850円と大変お得でした。2本購入いたしました。
20060702155758.jpg

まず凹凸面をサンダーがけしてフラサフをすきました。
しかし完璧に磨いたつもりでしたが?
小さな穴が沢山あります。
パテ盛りしてひたすら磨き作業の繰り返しです。

20060702160227.jpg

20060702160306.jpg

足付けして脱脂した後に本塗装です。
ムラにならないよう注意して5.6回塗装しました。
最後にクリアーを塗り今日はここまで・・・
乾燥したら表面をコンパウンドで磨きます。


20060702160800.jpg

20060702160823.jpg

DIY FRP フロントリップ 融合編 

久々の更新です。
梅雨に入り天気がいまいちのようで?
なかなか進みません。
前回までは、中央部分の作り直しまで行きましたので・・・
今回は、中央部分を作り直して3つのパーツ(左・右・中央)を
融合したいと思います。
いきなりですが中央部分作り直しました。
画像ではわかりづらいですが?
ダクト部分が左右対象でなかったので作り直しました。
黒くなっているのは裏側の塗装です。
もちろんマスキングしてありますので
テープをはがすと綺麗になります。
20070212224426.jpg

次に、いよいよ現車のサイズに合わせFRPで融合します。
20070212224635.jpg

3つのパーツ(左・右・中央)の融合完成です。
どうせなら少し大きめに作ってカットした方が良かったみたいです。
中央部分が短かったためFRPで継ぎ足しました。
やっとフロントリップらしい形になってきました。
この時点で、道行く人々が私が何を作っているのか?
理解していただくことが出来ました。
20070212224824.jpg

裏面を、簡単に黒で塗装しました。
次回は、融合部分のパテ盛りと研磨-塗装前の細かい修正
仮付けと最終工程の塗装へ行きたいところです。
20070212224922.jpg

DIY なんちゃってピラーメーター 

今週は、まずまずの天気で少々作業しました。
まずメインのフロントリップは、中央ダクト部分の
修正に少々手間取り結局作り直しです。
面倒でも塗装をする前に、修正して納得のいく物を
作りたいと考えております。
フィッティングもイマイチ隙間処理に苦闘しています。
次回は、作業も少々進んでいると思います。
そんなわけで中央部分の作り直しの合間に
デイライトの取り付けとなんちゃってピラーメーター
作成いたしました。
デイライトは、フロントリップに埋め込むつもりですので
配線処理と仮付け状態にしてあります。
車内のACCから電源とりましたので引き込みに少々苦労しました。
その時に、ピラーカバーの取り付けのツメ割ってしまいました。
本当は、本物のブースト計付けたいのですが?
予算の関係で温度計と湿度計にしました。
東急ハンズでセットで200円でした。
それから水道管のパイプです。1個75円。合計で350円ナリ
20070212225155.jpg

作業手順
1.車からピラーカバーはずして取り付け部分にマスキング
20070212225313.jpg

2.次に型を作ってFRP樹脂の塗り込み
  今回は、メス型の作成はなしでこのまま上から仕上げます。
20070212225428.jpg

3.パテ盛り研磨
20070212225514.jpg

4.塗装 フラサフ-本塗装
20070212225602.jpg

5.完成
20070212225652.jpg

6.取り付けは、ピラーカバ-破損のため延期・・・トホホ

7.本日、三菱にピラーカバーのリベットを注文してあったので
  取りに行ってきました。税込み84円でした。
  そんなわけでなんちゃってピラーメーター取り付けました。
20070212225823.jpg

メーターにLEDでライト埋め込みました。
LEDは、勉強中ですが?意外と簡単に点灯させることが出来ました。
今度はいろいろ挑戦していきたいと思います。20070203223051.jpg

20070203223020.jpg

FRPフロントリップ完成予想画像 

FRPのフロントリップ作成も天候がいまいちで今週も
出来ませんでした。
そんなわけでこの間の仮合わせの写真を元にパソコンで
完成図作りました。
出来ればダクト部分もこんな感じにしたいのですが?
今回は、フロントリップのみです。
リップの中の青い点はここに先日買ってきたデイライトを
埋め込むつもりです。
こんな感じに行けばいいのですが?
塗装とフィッティング作業が非常に不安です。
20070215100637.jpg

天気イマイチ 

FRPのフロントリップもあと一息になりました。
5月に入り天気がイマイチで、やっと晴れたかと思うと
風が強くて?天気が良くても風が強いと作業がしにくい為
今週も作業は見送りです。
ここまできて失敗したのでは・・・。
とにかくせっかちな私の性格にしては今回は慎重です。
と言うことで今週の休みは近くのホームセンターや
100円ショップに行って使えそうなものを物色してきました。
それからDIY野郎さんに紹介していただいた
『FRPボディとその成型方法』という本を
ネットで購入しましたのでお勉強することにしました。
楽天で送料無料。しかも次の日に来ました。
本当に便利な世の中です。
お昼に武蔵小杉の『むさしや本店』といううなぎやさんで
豪華な昼食を食べてきました。
鰻重の中2300円(税別)を注文しました。
天然物も7000円で予約制で食べられるみたいです。
隣に座っていた30歳位の男性が一人で食べていました。
味の方は、普通は蒸してから焼くのですが
ここは、生の状態から焼き上げる黒焼きという製法で
外はこんがり香ばしく中はふっくらジューシーでした。
20070215100946.jpg

DIY FRPフロントリップ整形 

ここのところ悪天候が続いておりまして作業が
進んでおりません。5/14・5/15と天気が良さそうなので
作業再開です。
前回までは、FRPを型から抜き取ったところ迄でした。
今回は、その方を整形していきます。
まずは、全体的にパテを盛って荒削りしました。
その後、再度パテ盛りして細かい穴をふさいでいきます。
それにしても、パテを削るのって大変な作業です。
この作業だけで丸1日かかってしまいました。
次の日、フラサフを吹いて確認しました。
まだ細かい部分が残っていますので再度パテ盛り
大体良さそうなので、安いラッカーの白色を吹いてみました。
まだ修正が必要ですが今回はここまでしか出来ませんでした。
それにしても、塗装は難しいです。
あまり沢山吹きすぎると液だれしてしまいます。
少し塗装について、勉強してからじっくりやりたいと思います。
仮塗装の段階ですが、現車に合わせてみました。
次回は、3つのパーツを融合してフィッティングと
最終段階の塗装に入りたいと思います。
梅雨までには終わるのでしょうか?
20070215101143.jpg

20070215101202.jpg

20070215101232.jpg

20070215101249.jpg

20070215101324.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。